前へ
次へ

SFAの意味と特徴、CRMとの違いについて

SFAはビジネス用語です。
「Sales Force Automation(セールスフォースオートメ―ション)」の略語で、日本語では「営業管理システム」などと略されます。
営業部門に対してITシステムによる営業支援を行うことで営業部門の業務効率化を図るものです。
営業活動は一般的に個人の能力や活動内容によるところが大きいです。
しかし個人で活動を管理していると一元管理に手間がかかる上に部門全体で有効な施策を共有する機会も少なくなります。
SFAはそのような営業部門の営業活動や顧客活動などを定量的なデータとして管理し、データを蓄積して分析をすることができます。
SFAでは顧客管理、営業日報作成、営業データ分析など様々な機能が営業部門を支援する目的の下に可能です。
SFAと混同しやすいものとしてCRMが挙げられます。
しかしCRMは営業部門だけでなく、マーケティング、カスタマーサポートといった複数の部門で使われます。
CRMは顧客のためである者に対して、SFAはあくまで営業部門に特化したものです。
営業活動の効率化と効果的な営業アプローチのためにSFAは有効な手段とされています。

Page Top